ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化を行ったときの換金率の相場などについて

クレジットカード現金化を行ったときの換金率の相場などについて

ショッピング枠の残高を利用して購入した商品を売却して現金を得る行為をクレジットカード現金化といいますが、自分で商品を売買する方法と業者に依頼する方法があります。

自分で行う場合には、換金性の高い商品を買取価格の高い買取店で売却することがポイントです。

ただし、多くのカード会社が転売目的でショッピング枠を利用することを禁止しています。

したがって、ゲーム機やブランド品や商品券などをショッピング枠でまとめ買いすると、カード会社から転売を疑われて利用停止になるリスクが高くなります。

よって、確実に現金を得るためには業者に依頼した方が良いです。

業者にクレジットカード現金化を依頼する場合は手数料が別途かかるので、最終的な換金率の相場は80%程度です。

手数料の中には業者の利益や業者がリスクをカバーするための費用などが含まれています。

したがって換金率が98%と書いてあるような場合には、業者が利益を得ることができないので実現することは難しいです。

実際に業者に依頼する前に、換金率について電話で業者に問い合わせた方が良いです。

優良な業者は多くの質問を重ねても、内容について丁寧に回答します。

質問に対して曖昧な回答をする業者の場合は、法外な手数料を請求する悪徳業者の可能性があるので選ばない方が良いです。

クレジットカード現金化は、急に現金が必要になったときに現金を得ることができる便利な方法です。

ただし、後からカード会社に商品の代金を支払う必要があるので、多重債務に陥らないために計画的に行うことが大切です。

http://www.money-credit.link/page/15.html

↑こちらのサイトも参考になりますので一読してみてください!


タグ :